「ドラゴンボール」を実写映画化=来年8月に世界同時公開-米

ジャスティン・チャットウィン

ジェームズ・マースターズ

 チャットウィンは「宇宙戦争」の頃のイメージだったら「あり」かも。ピッコロさんは、マースターズより森本ひちょりの方があってると思ふ(笑)。

 ま、個人的には実写映画版「男塾」の方が数倍心配なんだな、これが。キャスティングやったヒゲオヤジ…ちゃんと原作読んだか?。

 【ロサンゼルス14日時事】米芸能各紙によると、日本の人気漫画・アニメ「ドラゴンボール」シリーズの実写版映画が米映画大手20世紀フォックスにより制作されることがこのほど決まった。メキシコなどで今月中に撮影が始まり、来年8月15日の世界同時公開を目指す。

 ジェームズ・ウォン監督がメガホンを執り、脚本も担当。「カンフーハッスル」で知られる周星馳(チャウ・シンチー)がプロデュースする。配役は、主人公の孫悟空がジャスティン・チャットウィン、敵役のピッコロがジェームズ・マースターズなど。

 ドラゴンボールは鳥山明原作で、世界各国で漫画やアニメが人気を呼んだ。

(11月15日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です