「アルツハイマーでも分かる」コメ輸出巡り麻生外相が発言

 もう何回目か分からない「ザ・言葉狩り」。もっとも、久間発言と違って発言の真意が別のところにあることは明白だし、発言の真意自体は一般大衆にとってアグリーできるものだし、すぐに「該当部分だけ」発言撤回しましたし…ということで、今後そんなに問題にはならんでしょうね。もちろん太郎ちゃんには「猛省を期待する!」ですが。

 さて、ポスト安倍を巡っての下拵え&情報戦&足の引っ張り合いが活発になっている与党各陣営ですが、次に「狩られる」のは誰でしょうね?。ポスト安倍のもう一翼:福田康夫元官房長官は度を過ぎて慎重だから、目立たない代わりにチョンボも起こさなさそうだけど(^^;。さてさて。

 麻生外相は19日、富山県高岡市で講演し、日本のコメの対中国輸出が再開したことに関連し、「(日本では)コメ一俵1万6000円くらい(で販売している)。中国ではキロ1300円で売られているから、一俵で7万8000円だ。7万8000円と1万6000円はどっちが高いか。アルツハイマーでもこれくらいは分かる」と述べた。

 外相の発言は、国際化に対応した農業の構造改革の必要性を指摘するため、例え話としてコメ輸出の意義を強調したものだ。

(7月20日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です