LEC大に初改善勧告=ビデオのみ授業は法令違反-30日以内の是正要求・文科省

 今回ジリ貧脱却狙ってカラ足踏んじゃったLECに止まらず、資格取得支援業界は最近皆さん苦戦してますね。建築士や税理士/公認会計士などのように業務上必須かつ市場ニーズも大きい資格ならばともかく、たいていの資格は所詮「肩書き」でしかありません。一頃の「資格さえあれば手にも職」幻想が消えた以上、今の状況は仕方ないのかもしれませんね。

 蛇足ながら、ビデオ学習を多用する資格取得支援業者と聞いて思い出したのが、去年経営破綻したANJOインターナショナル。もっとも、あそこの倒産の場合、サービスの中身と言うより経営者の方により問題があったわけですが。今どうしてるんだろうなあ?。昼からしか働かなかった某社長さん。

 LEC東京リーガルマインド大学(本部東京都千代田区)でビデオを流すだけの授業が行われているなどと指摘された問題で、文部科学省は25日、「大学設置基準に違反している」として、学校教育法に基づく改善勧告を行った。大学に対する改善勧告は初めて。

 LEC大は2004年4月、構造改革特区制度で開校した初の株式会社大学。同省は、30日以内に是正措置を講じ、書面で提出するよう求めた。改善が見られない場合、より強制力のある変更命令を出す。 

(1月25日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です