<日本テレビ>男性アナ盗撮で社長が謝罪

 日本テレビの久保伸太郎社長は29日の定例会見で、同局の男性アナウンサーが女子高校生のスカート内を盗撮したとして神奈川県迷惑防止条例違反容疑で書類送検、起訴猶予処分となったことに触れ、「皆さんに大変ご心配、ご迷惑をかけた」と謝罪した。同局として事件を公表しなかったことについては「会社と個人の責任をしゅん別し、慎重に捜査当局の判断を見守った結果、(公表しない)判断を下した」と述べた。

 同局は男性アナウンサーを「適切に処分した」として、処分内容を明らかにしていない。【広瀬登】

(毎日新聞) – 5月29日

 警察とマスコミはじめ「正義の味方」は身内に甘い。にしても、言い訳にすらなっていないこのコメント、誰が考えたんだ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です