<南アフリカ>W杯中だけ売春、飲酒合法化 警察長官が提案

 フーリガンさん、いらっしゃーい♪ つか、警察長官自らが「治安維持放棄しませう」なんて言い出していいの? 

 【ヨハネスブルク白戸圭一】南アフリカのセレビ警察長官は28日、2010年開催予定のサッカー・ワールドカップ(W杯)の期間中に限り、現行法で違法の「売春」と「公共の場所での飲酒」を合法化するよう議会(下院)治安・安全委員会に法改正を提案した。長官は、国全体がお祭り騒ぎとなる中での取り締まりは「現実的でない」と説明しているが、特に売春の解禁は論議を呼びそうだ。

 セレビ長官は委員会で、国全体が興奮状態となるW杯期間中の売買春の広がりは止めようがなく、「全員を逮捕することはできない」と言明。公園や路上での飲酒についても「広場の特設テレビの前で酒を飲みながら観戦している人を全員逮捕しろというのか」と述べ、法改正を訴えた。

 性産業で働く女性の地位向上を求める市民団体の代表、ヘレン・コンブランクさんはヨハネスブルク地元紙スターに「警察の現実的対応を歓迎する」と述べた。一方、同紙は、保守的な野党アフリカキリスト教民主党が法改正に反対する可能性があると指摘している。

(3月29日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です