<不法投棄>女児用下着で出勤、帰宅後捨てる…容疑の男逮捕

f:id:kagura-may:20071202222038j:image

f:id:kagura-may:20071202222111j:image

 大阪府茨木市などの住宅街で女児用下着などが投げ込まれる被害が100件以上相次ぎ、府警茨木署は2日、同市彩都あさぎ3の会社員、押谷和夫容疑者(48)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕した。押谷容疑者は「下着を身につけると興奮した。捨てた下着を他人が見たら嫌がると思い楽しかった」と供述しており、府警は余罪を追及する。

 調べでは、押谷容疑者は今年9~10月、茨木市西部の住宅街の民家3軒の玄関先に女児用下着などを捨てた疑い。同市などでは昨年6月から、女児用下着やストッキングなどが、民家の玄関先の石段に置かれたり、自転車にくくりつけられたりする被害が100件以上発生していた。

 府警が捜査したところ、複数の現場をうろつく同車種の車が目撃され、現場近くに住む押谷容疑者が浮上した。普段から女児用下着やストッキングなどを着用して出勤していたといい、帰宅後の夕方から翌日未明に車で住宅街を回り、脱いだものを捨てていたという。自宅の自室からは新品の女児用下着やストッキングが計200枚以上押収された。【隅俊之、小林慎】

(12月2日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です