舛添氏が首相の続投批判、「自民党はショック死状態」とも

 政審会長とは言えまだ当選2回な舛添氏。ドン二人の後釜を狙うにはもう1,2回は当選回数が必要なわけで、ここは徹頭徹尾安倍のボン叩きを続けて「青木or虎の次の次」を狙う腹かな?。

 この賭けは吉と出るか凶と出るか。もちろんこの人のこったから、ただ単に個人的な主義で批判続けているだけかもしんないけど(笑)。

 自民党の舛添要一参院政審会長は4日のテレビ番組で、参院選での惨敗にもかかわらず安倍首相が続投を決めたことについて、「常識で言えば、これだけ負けたのだから、出処進退のあり方はきちんとすべきだ」と述べ、批判した。

 その上で、「新しいリーダーを選んで立て直すエネルギーも元気もないほど、(自民党が)ショック死状態だということだ」と指摘した。

(8月4日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です