自民・片山参院幹事長、落選組、年内にも一部復党=森元首相、早期決着を

 自民党の片山虎之助参院幹事長は3日午前、NHKの番組で、昨年の衆院選で落選した郵政造反組について「何人か戻って来ると思う」と述べ、年内にも一部復党する可能性を示した。また、片山氏は「自民党が復党させて良かったという評価を国民からいただけるよう努めなければならない」と強調した。

 自民党の森喜朗元首相は同日のテレビ朝日の番組で、落選組の復党問題について「その後援者イコール党員なので、やはり(落選組の)力を借りないと(参院選)1人区で勝利するのは非常に難しい」と述べ、参院選の勝敗のカギを握る全国29の「1人区」対策としても早期決着が望ましいとの考えを示した。 

(時事通信) – 12月3日

 一度関が切れれば、あとはグダグダ。一昔前の「ヘアヌード写真の一般誌向け強行掲載」や「86年の労働者派遣法制定」の時と同じスメル(腐臭)がぷんぷんします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です