独政府コンピューターに中国発スパイウエア侵入…現地報道

 普通に考えると、この手の「表沙汰にされてる情報戦」って、(ドイツvs中国の)別口&水面下の外交戦の動きを隠すデコイなネタ話なんだけど、今回の場合、纏わりつかれているドイツ側がマジに辟易して、実情をリークしている可能性も否定できない。

 なんせ、相手が中国なだけに、普通ありえない「身元が割れるようなウィルスアタック」を「バレテもしつこく×3」やりかねないもんなー(^^;

 【ベルリン=三好範英】27日発売のドイツの週刊誌シュピーゲルは、同国の情報機関・憲法擁護庁の調査で、連邦政府のコンピューターに中国からとみられる「スパイウエア」(情報を盗み出すコンピューターウイルス)が侵入していたことが明らかになったと報じた。

 同誌によると、攻撃の対象となっているのは、首相府、経済省、外務省、教育研究省。憲法擁護庁の分析では、コンピューターウイルスの発信元は中国人民解放軍だったという。数か月前に発見され、これまでに約160ギガバイトの情報流出を食い止めたが、その後も侵入の試みは続いているという。

 中国政府は、この疑惑を強く否定している。

(読売新聞 8/27)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です