水谷建設、北朝鮮ビジネスも投資…NGOなど捜索

 中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の脱税事件で、東京地検特捜部は9日、東京国税局と合同で、同社から資金援助を受けていた北朝鮮の人道支援活動を行う民間活動団体(NGO)や、過去に同社からリベートを受けたと国税当局から指摘された出版社などを捜索した。

 また、10日午前から準大手ゼネコン「前田建設工業」(東京都千代田区)の捜索も始めた。

 水谷建設は、北朝鮮ビジネスへの先行投資や受注した福島県内の原発関連工事を巡って多額の資金を拠出しており、特捜部などは、不正な経理処理で捻出(ねんしゅつ)された資金が含まれていないかどうか調べている。

 東京都中央区にあるNGO「レインボーブリッヂ」本部には9日、東京地検の係官ら約10人が捜索に入ったほか、小坂浩彰事務局長の都内の自宅の捜索も行われた。同団体は北朝鮮に食料や衣料品を送るなどの支援活動を行っており、2002年11月には小坂事務局長が、拉致被害者の横田めぐみさんの娘と確認されたキム・ヘギョン(ウンギョン)さんと平壌のホテルで面会するなどした。

(読売新聞) – 7月10日

 そうか!こっちが「本命」だったのか!>レインボーブリッヂ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です