核施設停止見返り、北朝鮮が重油50万トン超を要求

 交渉とはこういうもんだとは分かっていても、違和感と言うか腹立たしさを感じるのは、日本のお坊ちゃん外交に対する不満の裏返しなんだろうなあ>自分。

 北朝鮮が、寧辺にある実験用原子炉をはじめとする核施設の稼働停止などの見返りとして、年間50万トンを上回る重油の供給と、米国による経済制裁撤廃の確約を求めていることが明らかになった。

 1月30日~今月3日に訪朝し、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議首席代表の金桂寛(キム・ケグァン)外務次官らと会談した元米国務省北朝鮮担当官、ジョエル・ウィット氏が4日、本紙に語った。

 北朝鮮は同様の要求をベルリンでの米朝協議などで米側に伝えているとみられ、北京で8日から再開される6か国協議の最大の焦点となりそうだ。

 ウィット氏は、核問題の専門家で米民間機関「科学国際安全保障研究所」(ISIS)所長のデビッド・オルブライト氏とともに北朝鮮の招きで平壌を訪問、金次官のほか、李根(リグン)外務省米州局長や寧辺核施設の責任者らと会談した。

(2月5日 読売新聞)

 こんなちんまりした外堀埋めだけじゃなくて、最終的にはちゃんとパチ屋にも手入れしてくれるんだよね?

総連北海道本部元幹部ら逮捕=ジンギスカン店経営し脱税-札幌地検など

 札幌市の有名ジンギスカン店「だるま」の経営者らが脱税したとされる事件で、札幌地検は5日、所得税法違反容疑で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)北海道本部元幹部で同店経営金和秀(66)と妻の徐澄子(61)ら3容疑者を逮捕した。また北海道警は同日、無資格で税理士業務をしたとして、税理士法違反容疑で朝鮮総連系の在日本朝鮮北海道札幌商工会副理事長の河栄学容疑者(34)を逮捕した。

 捜査当局は、脱税額の一部が北朝鮮に送金されていた可能性もあるとみて、資金の流れなどの実態解明を進める。 

(2月5日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です