日本ハムが逃げ切る=プロ野球・日本シリーズ

 中日は23年目、41歳の山本昌、日本ハムは22歳の新人八木。対照的な両左腕の先発で、第2戦が始まった。

 日本ハムは1回、山本昌の立ち上がりを攻め、先頭の森本が中前打で出塁。田中賢が送った後、二死二塁からセギノールが遊撃を強襲する内野安打を放ち、1点を先制した。中日もその裏一死から、井端が左翼へ、今シリーズ両チーム通じて初の本塁打を放ち、たちまち同点とした。

 4回に中日が勝ち越し点。この回先頭の福留が、八木の低めの変化球を引っ張り、今シリーズ初安打となる右越え本塁打。3番打者の一振りで、中日が1点をリードした。

 日本ハムは5回、先頭新庄の中前打と鶴岡の犠打で一死二塁と、1回以来初めて得点圏に走者を進めた。だが、続く金子、八木が凡退し無得点。中日もその裏、井上、谷繁の連打で得た好機を生かすことができなかった。

 日本ハムが7回に逆転。一死から稲葉が敵失で出塁し、新庄が右前打で続いて一、三塁。新庄の盗塁で二死二、三塁となった後、金子が中前に運び、2者を迎え入れた。

 日本ハムが8回に貴重な2点を追加。中日の3番手岡本を攻め、森本の右前打を足掛かりに二死三塁とした後、セギノールが中堅右へ特大の2ランを放った。

 日本ハムは2番手武田久の後、9回から守護神マイケルがマウンドへ。落ち着いた投球で中日の反撃をかわし、5-2で逃げ切った。 

(時事通信) – 10月22日

 去年の反動かもしれませんが、今年の日本シリーズは面白いですねえ。できれば、ロッテかソフトバンクに出て欲しかったけど、いい、僕ガマンする。

 火曜からは札幌ドームで3連戦。アウェイで1勝をもぎ取って意気上がる日ハムが若干有利かな?。先発のコマを見ても3戦中2戦は優位に立てそうだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です