旅客機テロ計画の実行役、乳児連れでの自爆を準備

 【ロンドン=渡辺覚】13日付の英日曜大衆紙サンデー・エクスプレスなどは、英捜査当局幹部らの話として、10日摘発された旅客機テロ計画で、実行役が生後6か月の我が子とともに旅客機へ乗り込み、子供を道連れに自爆テロを行う計画だった疑いがあると報じた。

 同紙などによると、「子連れ自爆テロ」を計画していた疑いを持たれているのは、ロンドン東部で10日逮捕されたパキスタン系の無職男性(25)と同妻(23)のカップル。3年前に結婚した2人は、爆発物を哺乳(ほにゅう)瓶に仕込んだ上で、赤ちゃんを隠れミノに3人で機内に乗り込み、旅客機を爆破させる準備をしていた疑いが強いという。

 英情報当局の高官は、サンデー・ミラー紙に対し、「事態は、身の毛がよだつ新たなレベルに達している」と語った。

(読売新聞) – 8月14日

 ♪ ちゃんの仕事は 自爆ぞな

 ♪ しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん

 

 …ワラエネエよ。パパりん&ママりん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です