新作ウルトラマン、地元番組に屈す 福島・青森など

 8日にテレビ放送が始まったウルトラマンシリーズ最新作「ウルトラマンメビウス」(TBS系)が、福島、青森両県などで放送されない事態になっている。誕生40周年を迎えた同シリーズで放送しない系列局が出たのは初めて。ウルトラマンの生みの親、円谷英二監督(1901―70年)の出身地福島県では放送見合わせを残念がる声が上がっている。

 ウルトラマンメビウスはシリーズ第16作。再び始まった怪獣の襲来にウルトラ警備隊がヒビノ・ミライという人間の姿でメビウスを地球に派遣し、特捜隊「クルーガイズ」の仲間とともに闘う物語だ。東北放送などが毎週土曜日午後5時半から放送している。

 制作局の中部日本放送(CBC)によると、ウルトラマンシリーズの放送時間帯は第1作「ウルトラQ」から、前作「ウルトラマンマックス」まで、すべての系列局が放送するネット枠の扱いだったが、メビウスでは初めて各局に対応を委ねるローカル枠に移行した。

 このためTBS系列28局のうち、放送時間の調整がつかなかったテレビユー福島や青森テレビなど11局が放送を見合わせているという。

 テレビユー福島は「広告主の要請もあり、月曜午前に放送していた地域情報番組を土曜夕に移すことにしたため」と事情を説明。青森テレビは「この時間帯は長年『サザエさん』を放送しており、視聴者に定着している」と話す。

 両局には先月から「なぜ、メビウスを放送しないのか」といった問い合わせが寄せられており、テレビユー福島は「夏休み期間に特別編成で放送できるかどうか、検討したい」としている。

 円谷監督の出身地・福島県須賀川市で、円谷監督の顕彰活動やウルトラマンを生かしたまちづくりを進めるサークル「シュワっち」の岩崎哲久さん(43)は「子ども時代のウルトラヒーローで世代論が語れるのがウルトラマンシリーズの魅力の一つ。福島をはじめリアルタイムで見られない地域が出るのは、とても残念だ」と話している。

(河北新報) – 4月15日

 タイトルに微妙な悪意を感じるのは神楽だけ?(笑)。

 「Q」から「レオ」を夏・冬休みの再放送で刷り込まれてきた神楽のような○十代のオサーンは、主人公だけでなく怪獣・超獣・宇宙人語らせると今でもウルサイですよー☆。ですが、今の世代の子供はどうなんでしょうね? 神楽たちの頃と違って「与えられた」娯楽が多種かつ「ファッション」になっている今、それほどの「原体験」になっているのかと言えば正直疑問だったり>ウルトラマン。

 それはさておき、神楽がウルトラシリーズで一番好きなシリーズは当然ながら「ウルトラセブン」。中でも第8話「狙われた街」は傑作。何故かって?それは

 「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい。このお話は遠い遠い未来の物語なのです。え? 何故ですって? 我々人類は今、宇宙人に狙われるほどお互いを信頼してはいませんから」

 EDナレーションで年端も行かぬ子供にこんなもの聞かせたエピソードだから(笑)。第44話「円盤が来た」もシュールだったなあ。

DVD ウルトラセブン Vol.2

DVD ウルトラセブン Vol.2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です