弾丸列車「1か月検診」、備品持ち去られボロボロ―河南省鄭州市

 民度…ですなあ。「長らく制限された権利の中で思考・行動する癖が付いている人民」「故に『公共』の意識が希薄な国民」に、フリーで使える高価な公共財を提示したらどんな有様になるのか。その実験結果の1つが出たということでしょうかね。

 しかし、センサ付き蛇口とか盗んでも、そのまま使えるわけじゃないのにねえ。何のために盗んだんだろ?。単純に「盗れるものは何でも盗っとけ」か?。だとしたら、こそ泥の中でも下の下ですな。

2007年5月17日、鉄道高速化計画の目玉として走行を開始して1か月の弾丸列車が満身創痍で河南省鄭州市の検査場に戻ってきた。

2007年5月17日、鉄道高速化計画の目玉として登場した弾丸列車が走行を開始して1か月、定期点検のため河南省鄭州市の鉄道局検査場に戻ってきた。約100人の技術者が車体を検査したところ、無残なほどボロボロにされていることがわかった。

ボロボロになった原因は乗客による備品の持ち去り。被害が最も多かったのは手洗い場のセンサー式蛇口。多数取り外されてなくなっていた。さらに緊急脱出用のハンマー。また密室であるトイレも被害が大きかった。便座の温度調節つまみやペーパーホルダーの軸さえ取りはずされ消え失せている実態には、ただもうむなしさが募るばかりだと技術者たちはこぼす。

鳴り物入りで走り出した夢の高速列車だが、わずか1か月で満身創痍になって戻ってくるとはおそらく想定外だったはずだ。同局は今後、備品持ち去り禁止を表示するのか、乗客の資質向上を待つのか、判断を迫られることだろう。(翻訳編集・WF)

(5月18日 Record China)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です