岐阜・御嵩町長襲撃事件の時効成立は遺憾の極みな件について

 だって、「◎人」も含めて関係者の大半が犯人探しする気ナッシングな事件は、ここまでグダグダな捜査の末に時効を迎えちまうんだぜ、正直者は馬鹿観たねーっていう好例になっちゃったんだから。本件は、時効になったことよりも、そこに至るまでのプロセスが超茶番だったことが問題なんだよな。

 警察は、せめてこれだけはハッキリしろよ。☆和◎業のアレと岐阜県のエライさんとの癒着、巨額の産廃&◎和利権の闇、そして、それを逆手に取った一部関係者の「演出」のネタばらしには、命と立場が惜しくて踏み込めませんでしたってな。

御嵩町長襲撃が時効 柳川さん「犯人、名乗り出て」

 可児郡御嵩町で1996(平成8)年10月30日、当時町長の柳川喜郎さん(78)が暴漢に襲われ、一時意識不明の重傷を負った殺人未遂事件の公訴時効(15年)が、30日午前0時に成立した。町長が襲われ、ひん死の重傷を負うという社会を揺るがした大事件は、迷宮入りした。

 事件は柳川さん方マンションのエレベーター前で、午後6時15分ごろ発生。帰宅した柳川さんを暴漢2人が突然襲い、棒で殴るなどして頭蓋骨陥没骨折など重傷を負わせた。

 県警は延べ15万5000人の捜査員を投入し、事件前から町長方を盗聴していたグループなど延べ34人を摘発したが、襲撃事件との関連はつかめなかった。既に県警は今月17日に容疑者不詳のまま書類送検しており、事実上の捜査を終結。柳川さんにも謝罪している。

 事件当時、御嵩町では、利権が複雑に絡む産業廃棄物処分場の建設計画が進んでおり、事件は計画に慎重な姿勢を見せていた柳川さんの失脚を狙ったものとみられている。襲撃事件後の97年には、全国で初めて計画の是非を問う住民投票が行われ、約8割が反対。計画は08年に県と同町、業者の3者が中止に合意した。柳川さんは07年4月に4期目に出馬せず退任している。

 柳川さんは記者会見で「自分は痛い目に遭ったものの、(産廃計画の中止という)志を得ることができた。犯人は名乗り出て、真実を語ってほしい」などと話した。

(10月30日 岐阜新聞)

 まあ、一方で、この事件の捜査(というか世間の監視強化)による副産物で、この手の産廃ゴロ&反社組織、ついでに利権政治屋連中が少しばかり大人しくなったから、それはそれで良かったけどね。

 ここで「【手描き】TIGER&BUNNY×攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG」を紹介。


D

攻殻機動隊というより広告機動隊だわなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です