安倍首相、27日に内閣改造=麻生幹事長固まる-挙党体制が焦点

f:id:kagura-may:20070827001312j:image

 何年分時計の針を昔に戻せば気が済むのかねえ。反動にしても程があるぞ>テンパリ状態のボン。

 それはそれとして、舛添要一氏の入閣の可能性大ってマジですか?。

 安倍晋三首相は26日、首相公邸で27日に踏み切る内閣改造・自民党役員人事について大詰めの調整を続けた。参院選で大敗した首相は、政権維持のため人心を一新。自民党内に批判が強い塩崎恭久官房長官は既に退任の方向となっており、自民幹事長には麻生太郎外相の起用が固まった。身内偏重から脱却して与党側が望む挙党体制を組めるかどうかが焦点だ。

 首相は26日午後、辞任が決まっている自民党の中川秀直幹事長と会談した。党3役の一角である政調会長には丹羽雄哉総務会長(古賀派)や伊吹文明文部科学相(伊吹派会長)ら、総務会長には額賀福志郎元防衛庁長官(津島派)らの名が挙がっている。 

(8月26日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です