夕張市長選出馬も視野=新党日本・田中代表が言及

 宮崎もそうだけど、危急の時にこそ地元民が自分達で問題を解決すべき努力をするべきなわけで。「恵んで下さるご主人様」や「得体の知れない救世主」にすがって上手くいった験しなど皆無なわけで。ましてまだ実力不明な東国原氏はともかく、ペログリは仮想敵国へのアンチテーゼ以外何にも出来ない人間だってことは、実証済みなわけで。

 ペログリの事は置いておくとしても、ソサイエティの再建に特効薬は無いし神様も存在しない。頼れるものはというより頼るべきものは自分自身。今は使えると分かっているモノを堅実に使って春を待って下さい>夕張の方々。そちらには、小さくとも逞しい芽が育っているじゃないですか。

 新党日本の田中康夫代表は22日、党本部で記者会見し、今後の政治活動について「東京都知事か参院(議員)かという形だけではない。極論すれば、夕張市長になることがより地域を変え、社会を変えるなら、その可能性がないわけではない」と述べ、4月の統一地方選の際に実施される、財政破綻(はたん)した北海道夕張市の市長選への立候補も視野に入れていることを明らかにした。 

(1月22日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です