嘉陽、世界奪取ならず=前暫定王者に判定負け-WBC・Lフライ級

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級暫定タイトルマッチ12回戦は9日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者で同級9位の嘉陽宗嗣(23)=白井・具志堅=は前暫定王者のワンディ・シンワンチャー(26)=タイ=に0-3の判定で敗れ、世界初挑戦での王座奪取はならなかった。ワンディが8日の前日計量を体重超過で失格したため、王座は空位となる。 

(時事通信) – 10月9日

 色々な意味で評価し辛い結果となりました。嘉陽は次がんばれ。あと、師匠共々亀田の轍を踏むような真似はもうするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です