元フォーブス支局長「植草被告陰謀説」

 「9.11は水爆を使用した米国政府の陰謀」から石原真理子の記者会見での「芸能界と893との関係は?」インタビューまで、どっかガチンコでどっか壊れている陰謀論者ベンジャミン。ふつーにふつーの記事書く時は、まあ読めるモノ書いてる人だけど、こと米国絡みの陰謀論に結び付けそうなネタにかかわると、とたんに電波発しまくるので有名ですな。で、今回も例に漏れず、と。さすが親日カナダ人。たとえ明後日の方向でも揺るがないスタンスが日本人受けするということを、良く分かっていらっしゃる。

 とりあえず、植草氏の逮捕容疑の件とその後の拘置所での取り扱いの件は分けて考えようなー>一部の頭が良すぎる人。さすがにそれくらいの思考の柔軟性は持ち合わせていると思いたいですが。さてさて。

 電車内で痴漢行為をしたとして公判中の元早大大学院教授植草一秀被告(46)に1日、思わぬ“援軍”が現れた。米経済誌「フォーブス」の元アジア太平洋支局長のベンジャミン・フルフォード氏で、植草被告が大手銀行をめぐる、政府関係者、外資が絡んだ巨大インサイダー疑惑を追及していたことで狙われ「国策逮捕」された可能性が高いとの見方を示した。同氏によると、植草被告は3月にも同疑惑の告発本を出版するという。

 多くの著書で日本の暗部に切り込んできたフルフォード氏は、植草被告の痴漢逮捕事件にも強い関心を持ち先月末、同被告に会ったという。取材に応じた同氏は強い口調で「私も最初は『懲りない人』だと思った。しかし、周辺の状況を取材してみると、あまりにもおかしな偶然が重なっていることに気付いた。今は、彼は国策捜査で逮捕された可能性が高いと考えている」と話した。

 同氏によると、植草被告は政府関係者、米ファンドなどが絡んだ大手銀行株をめぐるインサイダー取引疑惑について調べていたという。「国策逮捕」の背後には、その疑惑が公開されることを恐れる米国関係者や政府関係者がいると推測しているというのだ。

 同氏は「(植草被告は)この疑惑についてネットで書いた直後、痴漢容疑で逮捕された。また逮捕時、疑惑の告発本を出版しようとしていた。さらに最近、この疑惑を調べていた国税庁関係者が植草被告に似たわいせつ事件で逮捕され、疑惑に関連する記事を書いたある記者が直後に不審死した。この疑惑にまつわる『偶然』があまりにも多過ぎる。非常に怪しい」と続けた。

 植草被告はこの疑惑に関する告発本を3月にも出版する意向を同氏に明かしたという。植草被告は逮捕直後自殺を図ったとされるが、同氏は「彼は私に『自殺するつもりは全くない』と言いました。自殺に見せかけて殺されることを恐れているからです。彼は日本の経済の裏を暴くことをあきらめていません」と話した。

 フルフォード氏は自身の公式ブログに「もし彼(植草被告)に何か起これば、アメリカの息がかかった勢力だと思ってください」とまで書いた。同氏も3月ごろ、この疑惑をテーマとした本を出す意向で「この件は、今までで一番危ない取材と感じている」と話した。果たして植草被告の「大逆転」はあるのか?

(2007年2月2日 ニッカンスポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です