傷だらけの勝ち点1 ~サッカーW杯ブラジル大会アジア最終予選

 アウェイでオーストラリア相手に引き分けという結果は悪くない。特に前半の劣勢時に無失点でしのぎ切った点は◎。しかし、審判…日本代表が誰も文句を言わないのは立派だけど、酷過ぎるだろアレ。本田のFK消したのもさることながら、イエローの大量発行は到底納得できない。中東の笛って奴にしても、限度ってもんがあるだろうに。

オーストラリアに敵地で引き分け、アジア最終予選 サッカーW杯

 【ブリスベーン(豪州)=奥村信哉】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選B組の日本は12日、豪州とブリスベーンで対戦、1-1で引き分けた。日本は通算2勝1分けとし、6月の3戦を終えた。

 前半はミスもあって、豪州に攻め込まれるシーンが目立った日本だが、GK川島(リールス)の活躍などで無失点でしのいだ。

 後半に入り20分に右膝負傷で離脱した吉田(VVVフェンロ)に代わって先発した栗原(横浜M)が先制ゴール。ところが同25分、豪州にPKを決められ、同点に追い付かれた。

 その後、後半28分に日本は内田に代えて酒井を投入。同32分、遠藤からのクロスに香川が頭で合わせるもGKの正面。2分後に香川がゴール前で相手を振り切りシュートを放ったが、これもGKに阻まれた。

 後半41分に岡崎に代えて清武をピッチに。その直後、同44分に栗原が2枚目のイエローカードで退場。ともに10人の戦いとなり、豪州はロスタイムにFKを獲得。これを川島が好セーブで止め、豪州の勝ち越しを阻んだ。

 その後、終了間際に香川に代えて伊野波を投入。本田が倒され、ペナルティーエリア手前でFKを獲得したが、蹴る前にホイッスルが鳴り、1-1で試合終了となった。

 後半、優勢に攻めた日本だったが、チャンスがありながら1得点しかできなかったのが悔やまれた。

 5大会連続の本大会出場を目指す日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング23位で、豪州は24位。

(6月12日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です