今更感漂う島田紳助の黒い人脈発覚な件について

 そもそも、吉本興業からして第三者面して会見に同席できる立場かと。

<島田紳助さん>芸能界引退 暴力団関係者と親密交際

 人気タレントの島田紳助(本名・長谷川公彦)さん(55)が23日夜、東京都新宿区の吉本興業東京本部で会見し、暴力団関係者との間で親密な交際関係があったとして、同日限りで芸能活動から引退することを表明した。所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの水谷暢宏社長と共に会見した。多くのレギュラー番組を持ち、社会に大きな影響力を持つ著名タレントの“黒い交際”が明るみに出たことは、今後大きな影響を及ぼしそうだ。

 吉本などによると、島田さんは05年6月から07年6月ごろまで、暴力団関係者との間に、知人を介して一定の親密さをうかがわせる携帯メールのやりとりを行っていたことが、今月中旬に外部からの情報提供で発覚。島田さんに事実確認したところ、本人も認め、自ら引退を申し入れたという。

 関係者によると、この知人は元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告(56)=恐喝未遂罪で大阪高裁で実刑判決を受け上告中=という。

 吉本側は「社会的影響力の高いテレビなどのメディアに出演しているタレントとしては理由を問わず許されない」と了承したという。

 硬い表情で会見場に現れた島田さんは、暴力団関係者との関係について「十数年前に抱えていたトラブルを知人を通じて解決してもらった」と経緯を説明。その後、4年半前に飲食店を開業した時に会うなど「十数年間で4、5回会った」と認めた。さらに「付き合ってはいけないのは分かっていた。僕の中ではセーフだと思っていたが、(21日夜に指摘を受け)アウトだと知りました。自分が軽い処分で終わっては、若手芸人に示しがつかない。本当に申し訳なく思っている」と引退という重い決断を下した心境を率直に語った。

 一方、突然の芸能界引退を受けて、島田さんがレギュラー番組を持つテレビ局は対応に追われた。テレビ東京は、司会を務める人気番組「開運!なんでも鑑定団」の再放送を24日から別の番組に差し替えることを決めた。収録済みの30日放送分についても撮り直しや差し替えを検討している。

 ◇多方面で活躍

 島田さんは京都府出身。松本竜介さんと漫才コンビ「紳助・竜介」を結成、リーゼントにつなぎ服姿でしゃべる「ツッパリ漫才」で脚光を浴びた。B&B、ツービートなどと共に80年代漫才ブームの一翼を担い、80年には上方お笑い大賞を受賞した。

 85年にコンビを解散後は、バラエティー番組や報道番組の司会などで活躍。小気味よい毒舌で、テレビ番組に欠かせない存在となった。

 01年には若手芸人の育成を目指し、漫才コンテスト「M-1グランプリ」を提唱し、審査委員長を務めた。

 04年には吉本興業の女性社員を殴ってけがをさせたとして略式起訴され、罰金命令を受けた。この事件で3カ月近くタレント活動を自粛した。

 その後、テレビの司会に復帰。「クイズ! ヘキサゴン2」から誕生した、つるの剛士さんらによるユニット「羞恥(しゅうち)心」の名付け親になり、CDを大ヒットさせた。映画監督を務めるなど、多彩な方面で才能を発揮してきた。

(8月23日 毎日新聞)

 しかし、何で「今」なんだろうね。やっぱり、大阪周辺の今度の選挙戦絡みなんですかねえ。

 ここで「【第7回MMD杯本選】日常のMMD (日常OP1)【MAD】」を紹介。


D

王道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です