亀田、作られた“闘拳”伝説…ガッツ「興毅弱い」

「マッチメークが姑息」の声も

会見でカメラにメンチを切る亀田。大人げない言動も“演出”といわれるが…

 ボクシングWBAライトフライ級2位の亀田興毅(19)=協栄=が、8月2日に世界王座決定戦に挑むことが決まり、人気低迷が続いていたボクシングが盛り上がりを見せている。半面、「世界の器かどうかは疑問」「マッチメークが姑息」といった批判の声も噴出している。亀田の実力度とは?

 「亀田は養殖モノ。陣営が丁寧に作ったレールに乗ってここまできた。世界王者の器と断言はできない。ただ、スポーツの世界では実力が足りなくても、周りの雰囲気に乗って活躍以上のものを発揮することはある。亀田もそのタイプでは」

 こう話すのは、元WBC世界ライト級王者のガッツ石松氏(56)。

 亀田の戦績は11戦全勝10KO。少ないキャリアのなかで、元世界王者2人と東洋太平洋フライ級王者もマットに沈めている。戦績だけ見れば立派な“怪物”だ。

 しかし、亀田が倒したのは「勝ったことがない」「デビュー戦」という外国人選手も多く、日本人との対戦は一度もない。倒した2人の元世界王者もピークをとっくに過ぎた「ロートル」だ。

 ガッツ氏は「おれたちの時代は日本人同士で戦って生き残ったやつだけが世界へいった。時代が変わったのだろうが、陣営のやり方はうまい。今回の世界戦も、フライ級ではまず勝てなかっただろう」と辛口なのだ。どうやら簡単には「OK牧場」とはいかなそうだ。

(後略)

(ZAKZAK 2006/05/30)

 ガッツ石松氏、至極正論。日本語的に一部アレなところもあるけど、そこがまた、いかにもガッツ氏らしくてイイ!(笑)。

人生はOK牧場!

人生はOK牧場!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です