久保らW杯“当確組”がスタメン=サッカー日本代表

 サッカー日本代表は12日、「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2006」スコットランド戦を翌日に控え、試合会場となる埼玉スタジアムで練習を行った。練習後の会見でジーコ監督は、足首の違和感のため先日のブルガリア戦に出場しなかった久保について、「ドクターからOKが出たので、明日は当然出す」と先発出場させることを明らかにした。

 またジーコ監督は、先発メンバーの構想を聞かれると「川口、加地、中澤、宮本、三都主、福西、小野、遠藤、小笠原、玉田、久保。4バックからのスタート。試合の流れによっては3バックに変える」と公表した。15日にはワールドカップ(W杯)本大会登録メンバー23名が明らかにされるが、今回の試合は巻、佐藤らアピールが必要な選手たちが先発起用されないことから、最終選考テストではなく、“当確組”と見られる選手たちによる実戦であることをうかがわせた。

(スポーツナビ) – 5月12日

 個人的には、坪井や巻や佐藤をスタメンで試してやって欲しいんだけどなあ。ジーコはなんで玉田にそこまでこだわってるのか分からん。高原入れるんなら、敢えて同タイプの玉田を入れる必要ないじゃんと思うんだけど。それとも高原の控え?だったら大黒の替わりに巻か佐藤選んでやってよ。あと、久保を入れたくなる理由は分かるけど、ここで無理させる必要は無いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です