中日が韓国・SK破り初優勝…プロ野球アジアシリーズ

 今年の中日(=「最初躓いても最後には帳尻を合わせる」)を象徴するかのようなゲームでしたね(^^;。ともあれ、おめでとう!>オレ竜&ドラゴンズナインの皆さん。

 プロ野球のアジア王座を争う「KONAMI CUP アジアシリーズ2007」(読売新聞社後援)は11日、東京ドームで決勝が行われ、中日が6―5でSK(韓国)を破り、初優勝。

 ロッテ、日本ハムに続き、3年連続で日本勢がアジアを制した。

 中日は李炳圭(イ・ビョンギュ)の2ランなどで一時は5―2とリードしたが、SKの一発攻勢で八回に同点。九回二死二塁で、井端が中前適時打を放って再び勝ち越し、接戦を制した。

(11月11日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です