ロックバンドSHOGUNの大谷和夫さんが死去 「アンパンマンのマーチ」編曲も

 ○○路男としての神楽、アニヲタとしての神楽、双方にとって馴染みの深い楽曲に携わっておられた方でした。感謝の念とともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

 故・松田優作さん主演のドラマ『探偵物語』(日本テレビ系)の主題歌「BAD CITY」などで知られるロックバンド・SHOGUNのキーボード奏者で、国民的アニメ『それいけ!アンパンマン』(同局)の主題歌「アンパンマンのマーチ」などの編曲を担当したミュージシャンの大谷和夫さんが、今月18日に亡くなっていたことが25日(日)までに明らかになった。SHOGUNの公式ホームページで発表されており、死因は明らかにされていない。享年61歳。

【関連データ】 SHOGUNのリリース作品データなど

 大谷さんはギターの芳野藤丸、ドラムのミッチー長岡らと共に78年にバンド・SHOGUNを結成。「♪BAD CITY,BAD BAD CITY」のメロディーでお馴染みの「BAD CITY」、ドラマ『俺たちは天使だ!』の主題歌「男達のメロディー」などのヒット曲を飛ばした。

 また、スタジオミュージシャン・キーボードプレイヤーとしても中山美穂、近藤真彦、山口百恵、本田美奈子、中森明菜らの楽曲のアレンジを担当。さらに編曲家としても「アンパンマンのマーチ」のほかに西城秀樹「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」、杏里「CAT’S EYE」など数多くの作品を手掛けた。

(5月25日 オリコン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です