ハイブリッドで「ルマン」挑戦…トヨタ、2010年にも

トヨタに与えられた時間は“あと2年”

 案の定と言うか、予想通り過ぎてツマランと言うべきか。じゃ、とっととF1を鈴鹿(&ホンダ)に返したれや>トヨタ。

 トヨタが世界3大レースの一つ「ルマン24時間」(フランス)に、ハイブリッド技術のマシンで挑戦する方針であることが、明らかになった。

 2010年の出場が有力で、同社初の優勝を狙う。

 市販車プリウスなどで世界をリードするトヨタは、06年からハイブリッドレース車の試作を開始。昨年はスポーツ車のスープラにハイブリッド技術を搭載し、「十勝24時間レース」(北海道)で圧勝した。

 現在、モータースポーツ部とハイブリッド担当のHVシステム開発部で数十人の合同チームを作り、マシン開発を進めている。ルマンでは完全な競技用車両での参加となるため、「現状では重量が重すぎ、エネルギー回収効率もまだまだ」と挑戦への改良点も多い。

(1月19日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です