ショーン・コネリー、俳優を引退

 ショーン・コネリーが、昨年AFIの生涯功労賞を受賞したのを機に、ハリウッドを正式に引退すると語った。コネリーは現在、腎臓腫瘍の切除手術を終えて回復中で、俳優としての最後の仕事は、アニメーション映画『ビリー・ザ・ヴェット』(原題)の声の出演となるよう。コネリーは「もう引退するよ。クリスマスから少々大変だったが、もう大丈夫だ。気分もいいよ。今は歴史の本を書いている」とコメント。『インディ・ジョーンズ』シリーズの第4作に出演するかもしれない、と期待がもたれていたが、残念ながら実現しないかもしれない。

(FLiX) – 4月18日

 当年とって御歳76歳。しょうがないかなーと思いながら、たまーにでいいからゲスト出演位してくれないかなとも思ったり。とりあえずお疲れ様でした。ちなみにショーンの出演作で神楽が好きな作品ベスト3を順に挙げるとこんな感じ。

1位:王になろうとした男

2位:ザ・ロック

3位:007/ロシアより愛をこめて

(裏1位:アベンジャーズ)

 偏ってますか。そうですか。

アベンジャーズ [DVD]

アベンジャーズ [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です