ギリシャのデフォルトは既に織り込み済みな件について

 これから問題になるのは、PIGSの残り連中に今回の余波がどこまで及ぶかだ。さしあたり、ポルトガル、ついでスペインに注目だな。隠れ本命・イタリアも捨てがたいが。

 もっとも、これから一番辛いのは、ギリシャを支え続けなきゃならんドイツをはじめとするEU主要国。どこぞのマイマイ幽霊小学生じゃないが、「支える価値のない国を見捨てる勇気」があってもいいと思うんだ。「ハーフ」ソフトランディングのお手伝いは、一回やってやれば充分だろ?。

ギリシャ国債の強制削減、破綻保険金支払いへ

 【ロンドン=中沢謙介】ギリシャ政府が、債務削減に応じなかった民間金融機関の保有国債を強制的に減らす「集団行動条項」を発動すると表明したことを受け、国際スワップ・デリバティブ協会は9日夜(日本時間10日未明)、債務不履行(デフォルト)に備えた金融商品の保険金を支払う事例に当たると発表した。

 ギリシャ国債の一部がデフォルトに陥ったと認定するものだ。

 この金融商品は「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」と呼ばれる。CDSの売り手は、買い手に保険金を支払うことになるが、CDSは一つの金融機関が売り手にも買い手にもなっている場合が多い。売買を相殺した正味の支払いは最大で32億ドル(約2600億円)となる見通し。市場では、大きな混乱は起きないとの見方が多いが、警戒感も一部にある。

(3月10日 読売新聞)

 あと気になるのは、金融機関へのCDS発動の影響。国内金融機関は大丈夫なのかね?。

 ここで「【MAD】佐天さんのSATENSONG’!! -替え歌Ver.-」を紹介。


D

またあなたか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です