キャンディーズ:ファンが同窓会 思い30年、だみ声に乗せ

 タイトルに微妙な悪意を感じるけど、それはそれとして、個人的にこういう話は好き。いいじゃないかヲタの同窓会。なんでも今回の話は、亡くなられたあるキャンディーズヲタ某氏が「出棺の時はキャンディーズの曲を」と言い残したのがきっかけとか。そして式の時に当時の同志たちが集まって、同窓会開催の話になったとか。30年を経てなお続く同志間の絆や良し。神楽もある作品ヲタでしたが、今じゃ事情あって引退の身。正直この2,000人のオッサン達がうらやましいです。

 ともあれ、石破防衛相はあいかわらず&色々とガチだな。

P.S.

 あとウン十年後、仮に某声優さんのファン&同窓会が開催されたら、その時も変わらずOPは「○○○○○、十七歳です」「おいおい」なんだろーか?。もうそうだったら、何て言うか「…いいよね!」

 人気アイドルグループ「キャンディーズ」が後楽園球場で解散コンサートを開いてから4日で30年。ファンでつくる「全国キャンディーズ連盟」はこの日、東京都文京区の球場跡地に建つJCBホールで「大同窓会」を開いた。2000人のファンが客席を埋め、巨大スクリーンに解散コンサートで歌う3人の映像が流れると、中年の男性ファンらが手拍子をしながら声を張り上げ、30年ぶりの「復活」に酔いしれた。

 全国キャンディーズ連盟が、解散から30年を機にみんなで集まろうと企画。3人は出演しなかったが、横浜市中区の会社員、高橋重雄さん(48)は「まさかこんな催しが実現するとは思わなかった。盛り上がりますね」と興奮した様子だった。

 キャンディーズは藤村美樹さん、伊藤蘭さん、田中好子さんの3人で73年に結成され、幅広い世代から人気を集めた。77年に突然、「普通の女の子に戻りたい」と表明し、78年4月4日に解散した。【山本太一】

 ◇石破防衛相も感慨

 キャンディーズの大ファンだった石破茂防衛相(51)は4日の閣議後会見で「あのころの夢、やりたかったこと……。今の自分はどうか。後悔もあれば寂しさもある」などと、時に遠くを見つめるまなざしで語った。

 自身を含む政治家、事務官、自衛官間の三つどもえの不協和音も目立つ防衛省内の「ハーモニー」をただされると、「(キャンディーズの)3人が本当に心を一つにやっていたことが、多くの人の共感を呼んだんだよね」と、ぼやくことしきりだった。【本多健】

毎日新聞 2008年4月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です