オシム氏、日本は弱い…代表監督合意“初仕事”は幻想砕き

 心は日の丸へ。次期日本代表監督への就任が固まったJ1千葉のイビチャ・オシム監督(65)が2日、千葉の合宿地の岐阜県飛騨市で代表への抱負を語った。前日1日に日本協会、千葉、本人との話し合いで合意した直後は口を閉ざしたが、一夜明けたこの日に千葉監督の辞意を表明し、指揮権を長男のアマル・オシム・コーチ(38)に譲った。練習場に姿は現したが、チームと離れて1人ポツンと見学。頭の中は正式契約を待つ代表モードへと切り替わっていた。

 周囲を圧倒するオーラは失われていた。運命の3者会談から一夜明けた午前練習。雨の中、オシム監督はチームを離れ、反対サイドのテントへ。完全に指揮権を息子のアマル・コーチへ譲り、ただ1人ポツンと眺めているだけだった。

 「もう私は正直ここではツーリスト、旅行者なんだ。もうプライベートの範囲だから。このジャージーさえも、洗う時にはお金を払うんだ」

 代表監督就任が事実上決定した3者会談後には口を閉ざしたが、この日は記者会見を開き、千葉監督の辞意を“オシム節”で表現した。裏返せば代表監督への熱意。午後の2試合の練習試合もベンチを外れ、指揮はアマル・コーチが執った。千葉は息子へ禅譲、心は代表へと飛んでいた。

 「もし世界チャンピオンになりたいなら別の監督を探してもらいたい」

 衝撃的な言葉で、真理を突いた。「日本人は自分たちがトップの仲間だと思っている。経済、政治はトップレベルだが、サッカーではそうではない。勘違いだ」と、サポーター、メディアを含めドイツW杯前に存在した楽観論に警鐘を鳴らし、“サッカー発展途上国”と説いた。弱者としての自覚。それをうながすことが、弱小だった千葉を強豪に育てたオシム監督の代表監督初仕事だ。

 「国民は負けることもあると心の準備をするべき。そういう考えの国は強い」。W杯1次リーグで敗退した日本代表と一緒にはい上がる決意のオシム監督は「若く、平均身長の高い選手をそろえてうまくいくとは限らない。プレーの中で日本人の特徴が生かせるようなメンバーを選んでいく」と言い切った。「体格差」を最大の敗因に挙げたジーコ前監督の分析に真っ向からの反論だ。

 「ジェフに来て、認められて、何かを成し遂げる。大変素晴らしいことだ」。“古巣”へは穏やかな笑みを浮かべ、新天地に鋭い舌鋒を浴びせた。オシムワールドで日本サッカーを再建する。千葉の練習場の片隅で座っていた65歳の老将が、日本のために立ち上がった。

(サンケイスポーツ) – 7月3日

 結局日本って国は、こういう風に、黒船からガツン!とやってもらわないと目覚めないのかもしれませんね。

 人は勝利よりも敗北から多くのものを学ぶもの。敗北から再出発すべき弱者ならばいわんやをや。そして、再出発は、事実をありのまま受け入れることから始まる。「日本は弱い」。それは日本代表に対する侮蔑ではなく、結果と顛末から導き出される事実の指摘。だからこそそれを素直に受け入れて、期待先行の砂上楼閣からではなく、茨が多くとも確かな場所から、代表には再出発して欲しい。

 にもかかわらず、今回のW杯の敗北の原因をを検証し、責任を取るべき川渕キャプテンはじめ日本サッカー協会に、その気配は見受けられません。一方でオシムは正面から「負けたのは日本が弱いから」と口にしました。

 個人的には、その双方の姿勢各々に言いたいことはあります。しかし、今回に限れば、「責任を取る側にある」誰かが言わねばならないことを、「その側に立つことを前提にしながら」口にしたオシムを支持したいです。否、支持しなくてはなりません。日本代表の再出発のために、押し付けられた火中の栗を拾う立場であるにもかかわらず、関係者やサポーターそして選手へ、事実を事実として冷厳と突きつけられる人物を潰してはなりません。

 日本はガツン!とやられないとなかなか目覚めないが、一度目覚めれば(≒理解した上で指示してもらえば)愚直なまでに努力できる。そんな国であり国民性。オシムの戦術論が完璧とは言いませんが、彼のロジカルにしてシンプルかつ粘り腰な選手育成は、混乱と失意の中にある日本代表にマッチしていると思います。体制の無策の中、再び眠りにつきかねない日本代表をオシムが叩き起こし、これまで培ってきたものを活かしながら再出発を促してくれることに期待したいです。

 それはそれとして

 川渕キャプテンはじめ日本サッカー協会のお歴々は、わが身を振り返って色々と反省して欲しいんですけどねえ。てか、今回の「フライングでのオシム強奪」事件一つだけ取っても、川渕キャプテンは腹の一つや二つは切って責任を取らにゃならんのでは?。本人の真意はともかくとして。

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

 これの筆者が川渕キャプテンのやり口にお冠だそうな。むべなるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です