まんが日本やらせばなし

♪ ネタをたどればボロボロと

♪ ガードがほころぶ内閣府

♪ 上(うえ)の意向が筒抜けの

♪ ちょっと間抜けな裏指導

song by 政府主催のタウンミーティングなんて所詮そんなもんだろ

教育改革タウンミーティングでやらせ質問、内閣府作成

 今年9月2日に青森県八戸市で開かれた政府の「教育改革タウンミーティング」で、内閣府などが教育基本法改正案に賛成の立場で質問するよう参加者に依頼していたことが1日の衆院教育基本法特別委員会で明らかになった。

 石井郁子議員(共産)が内閣府や青森県教育庁などが作成した文書を基に指摘し、政府もこれを認めた。

 文書は、青森県内の教育事務所と同県教育庁が、地元の中学校長あてにファクスで送った2種類。一つは「タウンミーティングの質問のお願い」として、三つの質問案を示し、そのうちの一つを質問するよう依頼している。

 もう一つの文書は「内閣府から以下のとおり発言の仕方について注意があった」として、<1>できるだけ趣旨を踏まえて自分の言葉(せりふの棒読みはさけてください)<2>「お願いされて」とか「依頼されて」と言わないで下さい(あくまで自分の意見を言っている、という感じで)――などと、アドバイスしている。

(読売新聞) – 11月1日

 事の是非云々の前に、証拠残しまくりの裏工作てのがぶっちゃけありえない。内閣府担当者の頭にはどんな花が咲いているのか、是非見せて欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です