ちょこっと感想5/29-31

週刊ビッグコミックスピリッツ26号

  • イチオシは、幸せな一日を過ごした恋人未満の二人から無力な傍観者の二名へと突き落とされた主人公達と、「結末を知る」彼らの前で「それでも救うことの出来ない」惨劇を淡々と語りきった「日本沈没」。登場人物の描写に傾きすぎるわけでなく、知識の羅列に依存するわけでもない、この静かなバランス感覚が、作者:一色登希彦のベースラインの高さを改めて感じさせる。ぶっちゃけ、彼の作品は「モーティヴ」しか知らないんだけど、かなりのポテンシャルを持つ作家だと再認識。いい機会だから漫喫で「ダービージョッキー」を読破してみよう(買えよ)。
  • 次点は、再開後ターボがかかってきて注目度急上昇の「電波の城」、嘘つきお姉さんがまた一人増えた「fine」、「もうとまらない~☆ by Wink」な「QUOJUZ」、過去の住人にとっての未来という視点で現在の団地の日常風景を描いた「団地ともお」。巡航速度で堅調な出来なのが、「闇金ウシジマくん」「バンビーノ!」「現在官僚系もふ」「中退アフロ田中」。
  • ついでに今週の「DAWN」。相変わらずの中華思想&地球市民ファンタジーはどうでもいいけど、中国がその「抑止力」でここ半世紀だけでも何回戦争をやってるのか、作者は理解してこんなこと言っているのだろうか…?

週刊少年サンデー26号

  • イチオシは、色んな意味で少女革命な「ハヤテのごとく!」。別サブタイ「若様ネコ科」。やっぱり「ヒナギクさんの家庭の事情」って「そう」だったんですねー。んで、正式に三角(四角?五角?)関係に参戦ですか?>ヒナギク嬢。
  • 次点は、正統派な青春野球漫画一直線ナポリタン大盛り攻防戦な「クロスゲーム」、本筋と関係ないところでの台詞遊び&広告(マジか!?)が楽しい「絶対可憐チルドレン」。巡航速度で堅調な出来なのが、最高の女探してたら捻じ曲がっちゃったフェチの悲しみに♪な「あいこら」、ラブコメで閑話休題な「聖結晶アルバトロス」、最終回でおつかれさまでしたジュビロな「からくりサーカス」。
  • ついでに今週の「ハルノクニ」。冗長バトルやってたらいつの間にか超薄味漫画になってたですね。次回から電波復活かもしれないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です