これを機会にお茶の間番組でのオッパイポロリ規制も緩和されるといーなー

 単に「そう囁くのよ。私のスケベなゴーストが」なだけでもあるけど、惜しみなくオッパイが乱舞していた過去のドラマ(特に2時間ドラマ)の再放送を見たいのですよ。純粋に。うん。

日活ロマンポルノ、日活創立100周年記念で全国順次上映が決定!世界的評価を得て日本凱旋作品も

 1971年から1988年にかけて日活で制作され、「日活ロマンポルノ」と呼ばれた作品郡が、2012年初夏、ユーロスペースほかにて、全国順次公開されることが発表された。10月1より開催されたニューヨーク映画祭にて、「Velvet Bullets and Steel Kisses: Celebrating the Nikkatsu Centennia」(日本語訳は「ベルベットの銃弾、鋼のキス:日活100周年を祝して」)と題した特集上映が行われた「日活ロマンポルノ」は、フランスで開催されるナント三大陸映画祭、シネマテーク・フランセーズでも特集上映され、来年夏に日本に凱旋(がいせん)帰国する。

 今回、日本で開催されることが決定した「日活ロマンポルノ」の特集上映では、元東京大学総長でフランス文学者、映画評論家、文芸評論家などとして活躍する蓮實重彦氏、映画評論家で翻訳家の山田宏一氏、同じく映画評論家で翻訳家、漫画評論家としても活躍する山根貞男氏が作品を選定。「生きつづけるロマンポルノ 日活創立100周年記念 特別企画 蓮實重彦 山田宏一 山根貞男が選ぶ愛の革命」と題して選定された30本ほどの作品が上映される予定だ。

 日活では、23日より100周年を記念して、デジタル修復を施したフランキー堺、南田洋子、石原裕次郎、小林旭らが出演した川島雄三監督の代表作『幕末太陽傳』の公開も始めている。神代辰巳、田中登、小沼勝、曾根中生、根岸吉太郎、相米慎二、金子修介など、名監督を生み出してきた「日活ロマンポルノ」は、“今”の人々にどう届くのか、注目したい。(編集部・島村幸恵)

 「生きつづけるロマンポルノ 日活創立100周年記念 特別企画 蓮實重彦 山田宏一 山根貞男が選ぶ愛の革命」は2012年初夏、ユーロスペースほかにて全国順次公開

(12月23日 シネマトゥデイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です