【中国】人気の石景山遊楽園-いつかどこかで見たような

 何が凄いかって、この石景山遊楽園が「国営」ってことですわな。

 別のニュースでは、ティガーのぬいぐるみの中のオッサンが「写真撮るならオレにカネよこせ」「このキャラ?ディズニーのだよ」とか悪びれもせずに言ってるし、もー、どこから突っ込んでいいものやら(笑)。

 一方で「コレ位厚顔無恥じゃないと、今の繁栄も無かったんだろうなー>中国」と妙に納得もしてしまったり。真似したいとは欠片も思いませんけどね。

 北京市郊外で今、人気の観光スポットが「石景山遊楽園(遊園地)」だ。5月1日に始まるゴールデンウイーク直前の4月26日にも新規に大型の乗り物を導入し、子連れ客やデートを楽しむ若者も多い。

 ところでメインの建物だが、「いつかどこかで見たような」雰囲気。よく見ると、「お城」の下の絵にあるように、使っているキャラクターも、世界的に人気のあるものの「そっくりさん」が多いという。ちなみに、同園は公式サイトで、「ディズニーの雰囲気を備えたジョーンズの冒険」「ヨーロッパ調の幽霊の邸宅」などと目玉アトラクションを誇らしげに紹介。

 折りしも、中国は知的財産権の保護で問題の多い国とされ、米国通商代表部も自国企業に多大な損害が出ているとしてWTO(世界貿易機関)への提訴を決めたほどだ。今後、「石景山遊楽園」の経営方針が問題視される可能性もありそうだ。(編集担当:如月隼人)

(5月2日 サーチナ・中国情報局)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です