「ゲド戦記」主題歌“パクリ”認めた

 今年6月、アニメ映画「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督)の「テルーの唄」でデビューした歌手手嶌葵(19)が5日、三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館で初ライブを行った。

 「テルー-」は宮崎吾朗監督(39)の作詞。歌詞の「心を何にたとえよう」が、一部で大正、昭和に活躍した詩人、萩原朔太郎の「こころ」の「こころをばなににたとへん」に似ていると指摘され、騒動になっていた。

 同監督は、以前から「萩原さんの詩に感化された」と公言していたが、作詞は「宮崎吾朗」のみの表記。だがこの日、スタジオジブリの広報が「テルーの唄の作詞について記載される場合は『萩原朔太郎の詩、こころに着想を得て作詞されました』と表記していただくようお願いいたします」と初めて見解を出し、騒動に決着した。手嶌はこの日「数え唄」など11曲を歌い「緊張しました。トークを頑張って考えました」と話していた。

(日刊スポーツ) – 12月6日

 

 一事が万事というか、最後までケチの付け通しでしたな>ゲド&宮崎吾朗たん。んでさ、放送時やDVD化時にテロップには入れるの?入れないの?>真相表記。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です