【謹賀】今日は令和元年五月一日【新時代】

【#グッバイ平成】気楽に、だが確りと記憶に刻み付けたい今回の改元【#ハロー令和】(2019/4/30)

「明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」

今上天皇からバトンを受け取ったのは、皇太子様だけじゃないってことよ。気楽にだが確りと令和の時代を引き継ごうぜ。同胞よ。

昨日のエントリーで書いた通り、我々は何も気負う必要はない。ただ、令和を平和で実り多い時代とすべく前向きに引き継げばいいんだよ。今日、令和元年五月一日はその歩みを始めればいいんだよ。ただ前向きに。

「なんとかなるよ。絶対だいじょうぶだよ!」

危ぶむなかれ。恐れるなかれ。歩みを止めることなかれ。

新天皇陛下が即位、「象徴として責務果たす」-令和始まる

(ブルームバーグ): 新天皇陛下が1日午前0時に即位された。「令和」元年が始まり、陛下は同日、皇居・宮殿で催された即位後朝見の儀で、国民に向けて天皇として最初のお言葉を述べた。退位による代替わりは江戸時代の光格天皇以来、202年ぶり。前天皇陛下は上皇さまになった。
陛下はお言葉で、「皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研さんに励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します」と語った。
国民代表として安倍晋三首相は「天皇陛下を国および国民統合の象徴と仰ぎ、激動する国際情勢の中で、平和で希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を作り上げていく決意であります」と述べた。朝見の儀には三権の長や閣僚、都道府県知事や市町村長の代表ら約300人が参列した。
経済3団体トップが1日付で陛下の即位にあわせた談話をそれぞれ発表した。日本経済団体連合会の中西宏明会長は夢と希望に満ちあふれた「令和」という新しい時代が築かれていくことを「心から願っております」とした上で、「経済界としても、世界から尊敬され、誰もが豊かさや幸せを実感できる創造的な経済社会を実現するよう、全力を挙げてまいりたい」と強調した。
櫻田謙悟経済同友会代表幹事は、令和の時代に日本が再び輝きを取り戻し、国際社会から一層の信頼を得てさらなる発展を遂げることに期待し、「日本独自の強みを磨いて、さまざまな課題を解決していくことで世界に新たな価値を提供してまいります」とした。三村明夫日本商工会議所会頭は「国家の慶事を全国民とともにお喜び申し上げつつ、皇室の弥栄ならびに国家・国民の安泰と益々の繁栄を心より祈念申し上げたい」と祝意を示した。

(2019/5/1 Bloomberg)

ここで「カードキャプターさくら OP&ED集 フルサイズメドレー」を紹介。

CCさくらのOPとEDは希望と優しさだけでできている。令和もそうあらんことを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。