横綱・稀勢の里、引退会見で「わが土俵人生に一片の悔いなし」

  • 稀勢の里は実際に「ラオウ」の化粧まわしをつけたこともあった。17年の夏場所で長兄・ラオウを稀勢の里が、次兄・トキの化粧まわしを松鳳山、末弟で主人公・ケンシロウを太刀持ちの高安が着用し、話題を呼んだ。
  • 稀勢の里は当時、この化粧まわしを贈呈した社のHPで「自分の性格的にはラオウ。孤独で強い。先代の鳴戸親方からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と、ラオウを選んだ理由を語り、ラオウの生き方と自分を重ねるコメントをつづっていた。

その後の土俵人生は、どちらかというとトキだったけどな。「稀勢の里…2017年春場所でケガさえしていなければ…」。

力士としての最盛期、白鵬・朝青龍ついでに日馬富士という壁が常に眼前にそびえていたのも、「北斗の拳」的な悲劇というか運命というか。

誰がジャギ役かは敢えて言わんけど。稀勢の里が「北斗三兄弟」に例えられるに相応しい横綱だったかは敢えて言わんけど。

とりあえず、

もう楽になっていいんだ。身体を愛えよ、寛。

稀勢の里「一片の悔いも…」にラオウ名セリフ重ねる人続々 化粧まわしも着用の過去

横綱稀勢の里が16日、都内で引退会見を開き、「私の…土俵人生において、一片の悔いも残っていません」と涙をにじませ、引退決意の思いを語った。この「一片の悔いもない」という言葉は、大人気漫画「北斗の拳」のキャラクター・ラオウの名セリフ「我が生涯に一片の悔いなし」をファンに彷彿させたようで、ネットでも即話題となった。
稀勢の里は実際に「ラオウ」の化粧まわしをつけたこともあった。17年の夏場所で長兄・ラオウを稀勢の里が、次兄・トキの化粧まわしを松鳳山、末弟で主人公・ケンシロウを太刀持ちの高安が着用し、話題を呼んだ。稀勢の里は当時、この化粧まわしを贈呈した社のHPで「自分の性格的にはラオウ。孤独で強い。先代の鳴戸親方からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と、ラオウを選んだ理由を語り、ラオウの生き方と自分を重ねるコメントをつづっていた。
そんな稀勢の里が、引退会見で「一片の悔いも残っていません」とコメントしたことにネットはすぐさま反応。「ラオウのセリフかよ」「巨星墜つ!ラオウと同じ言葉で」「さすがラオウ」「ラオウできたか」「ラオウ稀勢の里」と、稀勢の里とラオウの言葉を重ねるコメントが続々と上がっていた。
「我が生涯に一片の悔いなし」のセリフは、弟のケンシロウに屈したラオウが、絶命寸前に仁王立ちで発する最後の言葉。北斗の拳ファンの間ではあまりにも有名。

(2019/1/16 デイリースポーツ)

ここで「【MMD艦これ】雲龍驤がメガネをかける動画」を紹介。

人間到る処青山あり。雲龍ちゃんとの胸囲の格差社会にも負けず、ステージでベストを尽くす龍驤ちゃんがそれを教えてくれた。稀勢の里も切り替えろ。そうすればきっと道は拓ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です