【似た者同士の】サウジ、トルコに容疑者を引き渡さない意向 ~ ジャマル・カショギ氏殺害事件【相互不信】

 国際会議出席のためバーレーンを訪問したジュベイル外相は、サウジが完全かつ透明な調査を行い、その内容を公表するという立場を改めて強調。

完全かつ透明な調査を行うわけがないトルコと、完全かつ透明な調査を行いその内容を公表するはずのないサウジアラビアによる、笑えない笑劇だな。

「さて、アッラーはどちらの味方をするのかな?不肖の信徒という点ではトルコもサウジもどっこいどっこいだが」

とりあえず「確信を持ってサウジは批判されている」と逆ギレするのカッコ悪いぞ。ジュベイル外相閣下。自業自得だろ。文句は自国の皇太子様に言いなされ。

サウジ、容疑者引き渡さず=トルコの要請拒否へ―記者殺害事件

 【イスタンブール時事】トルコのサウジアラビア総領事館でサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が殺害された事件で、サウジのジュベイル外相は27日、拘束したサウジ国籍の容疑者18人をサウジで訴追し、裁判にかけると強調した。
 トルコ政府はサウジに容疑者の身柄引き渡しを正式要請する方針だが、拒否する意向を示した形だ。
 国際会議出席のためバーレーンを訪問したジュベイル外相は、サウジが完全かつ透明な調査を行い、その内容を公表するという立場を改めて強調。「この問題は極めてヒステリックになっている。調査が終わっていないのに、確信を持ってサウジは批判されている」と反発した。

(2018/10/27 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です