「HUGっと!プリキュア」第19話「ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?」感想 ~ 「白銀の男のお姫さまと宗旨替えした獲物お兄さま」

  • 「白銀の男のお姫さまと宗旨替えした獲物お兄さま」 とは

ルールーさん@CV田村ゆかり女史と愛崎えみる嬢@CV田村奈央女史がファッションショー絡みでキャッキャウフフと百合の芳香を高めるエピソードかと予想していたら、その実、自由な魂と至言の宝庫な「ボクは君のためにボクを変えることはできない」「ボクはボクの心を大切にする」「君も君の心をもっと愛して」若宮アンリ君@CV染谷俊之氏と、彼に論され&魅了されメロメロ急降下、妹の部屋を覗く危険なシスコンから納得の同性愛に目覚めた「夢を見たんだ」「きれいだったな」愛崎正人お兄様@CV霜月紫氏の「いけ!そこだ!」な未来がとても待ち遠しい第19話を表現する言葉。

転じて、「自分で自分の心に制約をかける。それこそ時間…人生のむだbyアンリ君」「誰の心にだってヒーローはいるんだよ!人の心を縛るな!by野乃はな嬢@CV引坂理絵女史」「男の子だってお姫さまになれる!byキュアエール」「踏み込んでくるなあ、ハグプリスタッフ」「ジェンダーというテーマにここまで見事に踏み込んできた映像コンテンツ、そうそうないぞ」「そして、絶対多数と違う存在を肯定する者たちの叫びに魂を揺さぶられ、えみる嬢と共にプリキュアを目指すと決意したルールーさん」「パーフェクトだ、ウォルター」「その二人のために残り1つのプリハートを羊羹折りしようとする次回予告の脳筋はなさん」「私はね多少のバカと言ったんだ。ありゃパーフェクトじゃないか」

水島忍原作のBLラノベとは無関係。多分。

【次は橋本マナミか壇蜜か】【平野ノラの次は】パップル課長@CV大原さやか女史に続くクライアス社のおっぱいさんはジェロスさん@CV甲斐田裕子女史。後ろのイケメンは元ネタさんのアレだと思うけど、実はクライアス社の新型アンドロイドでルールーさんとメカバトルとか始めたら超楽しいんで、ぜひお願いします【ブルゾンちえみ】


自社製品にだって長期有給休暇は認めるし、定時退社も認めるし、やっぱりクライアス社ってホワイト企業なんじゃね?信賞必罰はキッツいけど(そこが問題)。

  • ジェンダー問題への見事な踏み込み方と名言数々に目が奪われがちな本エピソードだけど、おいらは、今日の主役・アンリ君に「自分で自分の心に制約をかける」ことを否定する発言をさせたハグプリスタッフのシリーズ構成の妙に感心した。
  • 第8話で、自分の価値観にこだわって輝木ほまれ嬢@CV小倉唯女史の心に制約をかけようとしたが、その過ちを認め改心したアンリ君からこのコメントを引き出し、正人お兄様からえみる嬢が解放されるエピソードの布石にするとは心憎い限りだよ。
  • 「お姫さまポジ」を演じたアンリ君をお姫様抱っこするキュアエールの男前っぷりにもキマシタワー。これは確かに、「正妻」薬師寺さあや嬢@CV本泉莉奈女史じゃなくても惚れる。ホンマ、本作スタッフはいい仕事しなはるじゃないの。


  • 次回いよいよ「ふたりはプリキュア!2018」ことキュアアムールとキュアマシェリがデビュー。第20話にしてこの密度、この充実感。「一難去ってまた一難」だの「がんばるんば」だの初代フィーチャーな小ネタの散りばめよう。改めて言おう。パーフェクトだ、ウォルター。



  • それはそれとして、今回の展開を見て「ハグプリの全カップリング決定!」と思ったおいらは、ゲスの鑑です。めちゃHUG元気で「シリーズ後半のハムハム・ハリー君@CV福島潤氏とほまれ嬢のロマンスと最終回での別れシーンが今から脳裏をグルんグルんでタマリマセンワン」みんな!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。