【リフレの業界では】女子高生が男性客にプロレス技をかけるJKリフレ店、摘発 ~ 神奈川【ご褒美です】

客の注文でプロレス技を掛けるオプションは「足四の字固め」「腕ひしぎ逆十字」などがあり、5カウント2千円の「首四の字固め」が1番人気だった。

f:id:kagura-may:20131112105015j:image

 足四の字ならこういう↑感じね。わかるー。わかるわー。お客の気持ち超わかるわー

 しかし、それだけじゃ「ご褒美」としては、不十分ではまいか?。この手のプレイには「言葉攻め」も欠かせまい。例えば、異種格闘技戦のシチュでだな、こっちの拳や蹴りをひとしきり躱され切った後でだな、

f:id:kagura-may:20140417223311j:image

「打撃系など花拳繍腿。サブミッションこそ王者の技よ!」

 と、罵られながらぷにえ似のJKに極められたら、関節の1つくらい持ってかれても悔い無しかなー(馬鹿)。え?後悔無いよね?(重馬鹿)。

女子高生がプロレス技、マッサージ店経営者逮捕 労基法違反容疑

 女子高生がマッサージする「JKリフレ」店で男性客にプロレス技を掛けるなどの接客をさせたとして、県警少年捜査課と瀬谷署は17日までに、労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)の疑いで、横浜市神奈川区のマッサージ店「横浜リフレ学園Rainbow Color」経営の男(36)=横浜市西区平沼2丁目=を逮捕した。同課によると、JKリフレ店の摘発は県内初。

 同店は、制服姿の女子高生が客の肩や腰などをマッサージするJKリフレと呼ばれる店。同課によると、2012年5月下旬に開業し、月約220万円の売り上げがあり、総額約1500万円の利益があったとみられる。

 逮捕容疑は、昨年9月8日から10月27日までの間、同店で、横浜市内に住む高校1年の女子生徒(15)に、男性客に対しプロレス技を掛けさせ、胸や下半身を密着させるなど有害な業務をさせた、としている。県警の調べに対し、同容疑者は「労働基準法違反だと思っていなかった」と供述、容疑を否認している。

 同課によると、基本料金30分4千円などのほか、客の注文でプロレス技を掛けるオプションは「足四の字固め」「腕ひしぎ逆十字」などがあり、5カウント2千円の「首四の字固め」が1番人気だった。500円の「指相撲」「耳の吐息」「びんた」などもあった。

 口コミや店のホームページで求人し、20人が在籍。女子高生は1回出勤すると1500円のほか、指名料とオプション料の6割を得るシステムで、月30万円を稼ぐケースもあった。欠勤や遅刻には罰金を課していた。保護者が昨年11月、県警に相談し発覚した。

(4月17日 カナロコ)

 ここで「大魔法峠 【歌詞付き】」を紹介。


D

本作も8年前のアニメなんだよなあ。ヲタになってから時が経つのが実に早い。しみじみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です