【おめでとう】フィギュアスケート世界選手権女子シングル、浅田真央が自己ベストで優勝、鈴木明子が6位入賞【そして、お疲れさまでした】

 今日の個人的見所は、表彰後、佐藤コーチに金メダルをプレゼントする真央ちゃん。2位になった「リプ子」ことユリア・リプニツカヤの、演技直前の「見返りアイスドール」。

 そして、6位に入った鈴木明子女史の「ラストダンス」と、それを終えて、リンクを去る際に見せた「感謝の一礼」。あれは、目頭にきた。本当に今日までお疲れさまでした。

f:id:kagura-may:20140330001410j:image

真央3度目V、鈴木明子6位 世界選手権

<フィギュアスケート:世界選手権>◇29日◇さいたまスーパーアリーナ

 女子はショートプログラム(SP)で1位だった浅田真央(23=中京大)が、フリーに臨み、自己ベストとなる合計216・69点で、4年ぶり3度目の優勝を飾った。

 冒頭のトリプルアクセルを見事に決めると3回転フリップ-3回転ループの連続ジャンプも成功。中盤のダブルアクセルで着氷が乱れたものの、安定感あふれる演技を見せた。

 リプニツカヤ(15=ロシア)が207・50点で2位、コストナー(27=イタリア)が203・83点で3位と続いた。

 これが現役最後の大会となる鈴木明子(29=邦和スポーツランド)は、合計193・72点で6位、村上佳菜子(19=中京大)は合計172・44点で10位。

(3月29日 日刊スポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です