野村證券の機関投資家営業部長がインサイダー疑惑で「社内高飛び」

 こうして、渦中の石富部長はメディアの追及から逃れて、社内に匿われることになりましたとさ。どっとはらい。「容疑」が東京電力の公募増資を巡るアレか、それ以外かは知らんがね。それにしても最近の野村は、OBを含めてこんなネタばっかりだな。ちょっと情けないぞ。

野村が機関投資家営業部長を異動、インサイダー調査に全面協力で

 [東京 1日 ロイター] 野村ホールディングス<8604.T>は1日、機関投資家営業部長を同日付で異動とする人事を発表した。増資インサイダー問題について、全容解明のため調査に協力するのが理由。機関投資家営業部長は、松葉直樹・野村証券執行役員(エクイティ本部担当)が兼務する。 

 機関投資家営業部は、エクイティ部の下にある。

 野村は通常の人事異動の開示と同様に、この日の発表でも異動前の部長名を開示しなかったが、同社ホームページによると石富健一氏だった。

 証券取引等監視委員会は4月25日から野村証券の特別検査に入っている。また、社外の弁護士による調査も行われている。

 企業の公募増資の情報を証券会社から事前入手し、金融商品取引法で禁じられるインサイダー取引を行う「増資インサイダー」をめぐっては、旧中央三井アセット信託銀行(現三井住友信託銀行)とあすかアセットマネジメントが、金融商品取引法で禁じられているインサイダー取引を行ったとし、監視委が課徴金納付命令を行うよう金融庁に勧告している。

 いずれも増資の主幹事だった証券会社から運用会社に事前に情報が流れたことがわかっている。

(6月1日 ロイター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です