過去の不祥事柔道家は皆黒帯を剥奪されたのか?な件について

 神楽の母校の柔道部顧問教師♂は、教え子の生徒♂を手込めにしたのがバレて学校を追い出されたが、黒帯を剥奪されたとはトンと聞かなかったがな。

 なんだか、グランドスラム東京前に事態の収束を急ぎたい柔道界が、本音を正式発表する前にリークして世間の反応を見てる小者チックな過剰反応スメルがプンプンしてイヤーンな感じ。レイパーはレイパーとして、粛々と強姦罪に問えばいいだけだろうが。火の粉をかぶりたがらない輩による余計な世間への媚は、無用っつーかみっともないだけ。

前代未聞!逮捕の内柴容疑者 柔道界永久追放、史上初の“黒帯剥奪”も

 04年アテネ、08年北京両五輪の男子柔道66キロ級の金メダリスト内柴正人容疑者(33)=熊本県玉名市=は6日、酒に酔って寝込んだ教え子の10代の女子柔道部員に乱暴したとして、準強姦(ごうかん)の疑いで逮捕された。

 柔道では男女含めて6人しかいない五輪連覇達成者の不祥事は、柔道界に衝撃を与えた。

 プレ五輪大会が行われたロンドンから帰国したばかりの全日本柔道連盟・上村春樹会長はこの日、東京都文京区の講道館で内柴容疑者についての緊急会見を開いた。「指導を通じて、人を育てることを目標としている柔道界でこんなことが起こったことは非常に残念。数少ない五輪連覇の金メダリストだし残念で遺憾だ。事実なら人間としてあってはならないこと」と、厳しい表情で話した。

 同容疑者は全柔連に指導者登録兼選手登録がある。柔道界としての処遇について、上村会長は「これから裁判などで事実が明らかになってくると思う。結果が出れば、総務委員会に懲罰委員会を設置して対応を考えたい」と話すにとどめたが、このまま刑が確定すれば厳罰は免れない。

 全柔連の寄付行為登録規定第19条『登録の取り消し』には「本連盟の名誉を傷つける行為」があった場合、登録を取り消すことができるとあり、抹消されることが確実。規定ではプロ転向などの際に選手は3年、指導者は1年で再登録が認められるが、事態が事態だけに柔道界から永久的に追放される可能性が高い。また5段を保持する講道館段位についても「講道館では歴史上これまでにない」(同会長)という『黒帯剥奪』が濃厚だ。

 9日からはロンドン五輪の選考がかかる国際大会グランドスラム東京も行われる。「ロンドン五輪に向けての盛り上がりに水を差した。スポーツ基本法も制定され、五輪招致も控える中、柔道からこういうことが起きてしまって、本当に申し訳ない」と、上村会長。金メダリストの逮捕という前代未聞の不祥事が、スポーツ界に及ぼす影響は計り知れない。

(12月7日 デイリースポーツ)

 不祥事起こしたミュージシャンのCD回収騒動の時も感じるけど、皆さん、何でこう過剰反応するのかね?。計算尽くと言うには、ぶっちゃけ臆病すぎるだろ。

 ここで「【初音ミク】Rainbow Quest【スペースオペラPV】」を紹介。


D

色々と懐かしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です