緒方元公安庁長官を逮捕=朝鮮総連本部売買で詐欺容疑-東京地検

 まさか、「事の本丸」土屋公献・元日本弁護士連合会会長やその他の黒幕連中は「お目こぼしでOK!」で捜査終了…ってことは無いよね?>東京地検特捜部。

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部(東京都千代田区)の売却をめぐり、東京地検特捜部は28日、売買代金を支払う能力がないのに、総連側にうそを言って中央本部の土地・建物をだまし取ったとして、詐欺容疑で、元公安調査庁長官で弁護士緒方重威(73)、元不動産会社社長満井忠男(73)、元銀行員河江浩司(42)の3容疑者を逮捕した。緒方、満井両容疑者は容疑を否認し、河江容疑者は大筋で認めているという。

 事件は、朝鮮総連を監視する公安機関の元トップで検事長経験者が刑事責任を問われる事態に発展した。

 特捜部は、実態と異なる登記をした可能性があるとみて、電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で緒方容疑者宅などを家宅捜索。朝鮮総連最高幹部の許宗萬責任副議長らから任意で事情聴取するなどしたが、総連側が代金の支払いを信じていたと認められることから、同容疑や強制執行妨害などには当たらないと判断した。

 取引をめぐっては、朝鮮総連から満井容疑者に計4億8400万円が提供されており、特捜部は不明朗な資金の流れについても解明を進める。

(6月28日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です