渡部賢一CEO@野村HDはもっと早く退任すべきだった件について

 今回のインサイダー事件もそうだが、リーマンに手を着けて以降、野村HD全体のモラルとモラールを退潮させた責任を取るために。傍から見ていて、可哀想な位アレだったもんなあ。ここ1-2年の野村の人間のドヨンド感。

野村HD、渡部CEOらが引責辞任で記者会見 「けじめ」で影響拡大防ぐ

 野村ホールディングス(HD)は26日、渡部賢一グループCEO(最高経営責任者)と柴田拓美グループCOO(最高執行責任者)が、31日付で辞任すると発表した。傘下の野村証券が関与したインサイダー取引問題の責任を取った。同社ではこの問題で、午後6時から東京都内で記者会見し、説明している。

 渡部氏は「一連の事案について、重く受け止めている」「改善策がある程度進んだ。後を若い人に委ねたい」などと発言している。

 後任のグループCEOには、野村証券の永井浩二社長が、新グループCOOには野村HDの吉川淳専務が8月1日付で就任する。

 同社の増資インサイダーを受け、国内外の投資家が同社との取引を見直す動きが出てきたため、経営トップ2人の交代でけじめをつけ、影響拡大を食い止める考え。

 証券取引等監視委員会は今年3月以降、公表前の増資情報を入手し、不正利益を得たインサイダー取引を相次いで摘発。このうち、平成22年の国際石油開発帝石、みずほフィナンシャルグループ(FG)、東京電力の計3件の公募増資で、野村証券の営業社員が日常的に情報を流出させていたことが判明した。

 野村は6月29日に社内の情報管理態勢の不備を認め、渡部CEOが謝罪。経営幹部を減俸処分とする一方、渡部CEOは辞任を否定していた。

 また野村は同日、追加調査結果を一部公表し、別に情報漏えいがあった可能性がある複数の事例が見つかったと明らかにした。

(7月26日 産経新聞)

 渡部CEOの後任は永井氏@野村證券社長、柴田COOの後任は吉川専務@野村HDだそうで。個人的に「へー!」と思ったのは、吉川専務のCOO就任。この人、仕事で会った事あるけど、海外畑が長い人なんだよね。この人をCOOに据えるってことは、どういうことだってばよ?。野村はまだ海外を諦めてないってことか?。それとも「氏家上皇のご威光、いまだ健在」といったところなのか?

 ここで「【ヘタリア】ピンドラ前期OPパロ【手描き】」を紹介。


D

元ネタ2作への丁寧なリスペクト。これは良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です