深刻な状況になってきたB787の不具合問題な件について

日本航空のB787が米ボストンのローガン国際空港でボヤ ~ 火を噴いたLi-ion二次電池を作ったのはどこのメーカーだ?(2013/1/8)

 先週のこのエントリー以降も燃料漏れとか、色々問題を起こし続けたB787ですが、遂に今日は緊急着陸&乗客の緊急脱出なんて事態まで引き起こしてしまいました。これ、ホントシャレならんよ。

 「犯人」候補最右翼のLi-ion二次電池は、先日も書いたとおりジーエスユアサ製で決まりなんだろうけど、故障原因が電池そのものにあるのではなく、例えば、電設関係全体の欠陥にあるとしたら、最悪燃料系等との「悲劇のマリアージュ」で機体そのものがドカンと逝きかねん。

 いや、普通は起こらないけどさ。そんな事態。ただ、トラブルの原因がいまだにはっきりしていない以上、常に最悪の状況を想定しながら対処すべき事案ではあるよ。今回は。そういう意味で、ANAとJALがB787の運行を全面的に見合わせることにした判断は正しい。

全日空ドリームライナーが緊急着陸、バッテリーに異常か

【AFP=時事】(一部更新)全日空(All Nippon Airways、ANA)の山口宇部発羽田行きボーイング(Boeing)787型機「ドリームライナー(Dreamliner)」が16日午前、高松空港に緊急着陸した。

 テレビでは高松空港で非常用脱出スライドを出した状態の機体の映像が放送された。時事通信(Jiji Press)は、同機の操縦室で煙が出たと報じた。全日空によると同機には乗客129人と乗員8人が搭乗していた。時事通信とNHKによれば、けが人はいなかった。

 全日空の広報担当者は、飛行中にバッテリーの異常を知らせるメッセージが表示されたと述べ、何が起きたか調べているところだと語った。ドリームライナーはこのところ相次いでトラブルに見舞われているが、全日空広報によると、今回の件とこれまでのトラブルとの間に共通点があるかどうかは分かっていない。

 NHKによると、全日空は同社が運航するドリームライナー全17機の飛行を見合わせ、緊急点検を行うことを決めた。日本航空(Japan Airlines、JAL)も同社が運航する7機全ての同型機の飛行を見合わせると発表した。【翻訳編集】 AFPBB News

(1月16日 AFP=時事)

 時に、MV22オスプレイの日本配備に際して、事故を起こしてもいないのに大騒ぎしていた市民団体の皆さんは、実際に事故を起こしたB787に対して何もやらないの?。この1週間、ボーイングや航空会社、バッテリーメーカーへの抗議活動があったとは、トンと耳にしていないのですが。

 ここで「星型エンジンを作ってみた【電動】」を紹介。


D

技術立国・日本は死なず。それはそれとして、MRJのロールアウトはまだかいな?。ばあさんや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です