最古の農作物はイチジクか 中東で、穀物より千年古く

 【ワシントン1日共同】中東のヨルダン渓谷にある約1万1400年前の遺跡から、人間が栽培したらしいイチジクの化石をイスラエルなどのチームが発見、2日付の米科学誌サイエンスに発表した。穀物栽培が始まったとされる時期より1000年近く古く、最古の農作物はイチジクだった可能性が出てきたとしている。

 遺跡の住居跡から見つかった化石は、直径2センチ弱のイチジク9個と300以上の果肉の粒。チームによると実は熟し、形崩れしていなかったことから、食用に干した可能性があるとみられる。

 受粉せずに実を結ぶ「種なし」のイチジクで、木で熟して味も良いと考えられるが自然には増えず、人の手で栽培されていた可能性が最も高いという。

 イチジクは挿し木で簡単に増え、栽培が容易。それに加えて、味が良い種類ができたことが、ブドウやオリーブなどより早く人間が栽培を始めた理由ではないかとチームは指摘している。

(共同通信) – 6月2日

 まあ、人類最初の下着もイチジクの葉っぱだもんなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です