南極に巨大クレーター、海洋生物9割絶滅の隕石跡?

 【ワシントン=増満浩志】南極の氷床下に直径約500キロに及ぶ巨大クレーターが横たわっていることを、米国とロシア、韓国の共同研究グループが突き止めたと発表した。

 古生代と中生代の境目にあたる2億5000万年前に、海洋生物の90%以上が絶滅したとされているが、研究グループは「ここに落ちた隕石(いんせき)が原因ではないか」と推測している。

 巨大クレーターを発見したのは、米オハイオ州立大のR・フォンフリーズ教授を中心とするグループ。上空からレーダーで測定した地形と、衛星による重力データを重ね合わせた結果、重力が周囲より強い区域が直径約300キロにわたって広がり、それを同約500キロの円形の尾根が囲んでいることが分かったという。

(読売新聞) – 6月3日

 以下、エヴァネタ、ナディアネタ、クトゥルフネタ、遊星からの物体Xネタ、戦闘妖精雪風ネタ禁止!。ラストバタリオンと神々の指紋とガイスラッガーネタは許可!。

 というのは冗談としても、この隕石が2億5000万年前の大量絶滅の引き金の可能性ですかー。以前、NHKの番組でスーパープルームの上昇をその大量絶滅の引き金候補として取り挙げていましたが、もしかしたら「隕石衝突→その衝撃でスーパープルーム上昇」ってことなのかもしれませんね。

神々の指紋 (上) (小学館文庫)

神々の指紋 (上) (小学館文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です