オリックスが買収で合意へ 大阪ドームで管財人

 大阪ドームを所有・運営し、約588億円の負債を抱えて会社更生手続き中の第三セクター「大阪シティドーム」(本社大阪市)の管財人を務める浦田和栄弁護士は1日、オリックスや大阪市と同社の事業承継に関する「基本確認書」を取り交わし、ドーム施設の買収合意に向けて速やかに協議することを確認した。

 大阪市役所で記者会見した浦田氏は「想定した枠内で合意できるのではないか」と述べ、オリックスが施設を買収することで合意できるとの見通しを示した。

 更生計画案の提出期限が24日に迫っているため、浦田氏は金融機関など債権者との協議を本格化させる。オリックスは詳しい資産査定を実施、採算性を分析した上で、買収の是非を最終判断する。

(共同通信) – 5月1日

 エムケイにメチャクチャにされることなく「しかるべき」引き取り手に引き取られたのは良かったんですが、結局「京セラドーム」になるの?ならないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です